[1 .ビザ申請]
Q :現在日本にビザを申請できますか。
A :私たちの図書館は、通常海外で働いていて、適用できます。
新しいコロナウイルス肺炎患者、湖北または浙江省でパスポートを発行する人々、そして、訪問の14日前の湖北または浙江と韓国で中国を訪問した人々は、彼らのアプリケーションを受け入れることができません。
Q :機関は開いていません。大使館に直接日本に申請できますか。
個人:我々のライブラリに直接適用することはできません。日本へのビザは、私たちの図書館によって指定された機関を通して適用されなければなりません。

[2 .ビザ発行]
Q :日本へのビザ申請は、機関を通して提出されました。いつその結果が得られますか。
A :現在の流行状況のため、ビザ審査の過程で図書館はより用心深いので、受理された申請も含めて、審査時間は通常より長くなり、問題の日付は確定できません。
Q :日本の親族の事故(非常事態、事故など)の場合、すぐに日本に急行する必要があります。ビザをもらえますか。
A :ビザ特別電話(010 - 65362 - 2007)を相談してください。


[ 3 .日本に入るかどうかについて]
Q :パスポートは湖北省や浙江省で発行されていますが、近年湖北省や浙江州には行っていません。日本にビザを申請していいですか。
A :パスポートは湖北または浙江省からの人員によって出されます。上記の国にとどまらず、原則として日本に入ることは許されない。

[ 4 .ビザのキャンセルについて]
Q :現在、ビザレビューの結果は日本を待っていますが、彼らは緊急のために他の国に行く必要があります。彼らはビザ申請をキャンセルしパスポートを取り戻そうとしている。
A :代理店に連絡し、キャンセルの申請をしてください。処理の後、我々の図書館は機関指定の旅行代理店にパスポートを返して、それがパスポートをキャンセルするために特定の時間を要すると提案します。緊急がある場合は、できるだけ早く代理店にキャンセル申請書を提出してください。

〔第5条ビザの有効性の拡大〕
Q :日本の計画計画は中止されました。取得ビザの有効性を日本まで延長できますか。
A :ビザの有効性は延長できません。

[ビザ手数料]
Q :日本への計画のキャンセルのため、ビザは使用されていません。ビザ手数料を返金できますか。
A :ビザ手数料(数200回、400元)は取得したビザのために私たちのライブラリによって収集返済されません。他の機関が担当する手数料については、直接お問い合わせください。

〔7 . 3月9日に実施されたビザ無効の措置』
月8日以前、3月8日以前に発行された中国?香港?日本国総領事館が発行するビザは一時的に無効(期間は延長される可能性が高い)です。
Q :ビザの種類は何ですか。短期および長期のビザは含まれていますか?
A :測定は、あらゆる種類のビザを含みます。外交と公式ビザも含まれています。
Q :私は保持カードを持ち、日本が再入国許可を申請した後、一時的に中国に戻ります。この措置の範囲内ですか。
A:再入国の許可を得て一時的に戻ることができる人は含みません。しかし、原則として、彼らが湖北と浙江省によって発行されるパスポートと14日前に制限された地域を訪問したか、制限された地域を訪問する予定であった人々を持っているならば、エントリーは許されません。
Q :私のビザは3月末に期限が切れる。対策が終わったら、日本を訪問する予定です。ビザは延長できますか。またビザ申請は必要ですか。ビザ申請をした場合は、再度申請資料を準備し、ビザ手数料を支払う必要がありますか?
A :ビザの有効性は延長できません。措置が終了した後、日本に入国する際にビザが期限切れになった場合、新しいビザを申請し、申請資料を準備し、新しいビザ手数料を支払う必要があります。新しい機関手数料が支払われる必要があるかどうかについて直接機関または旅行代理店に相談してください。
Q :測定が終わったら、ビザは入手可能ですか?
A :処置の終了後(実施期間は延長されるかもしれません)、ビザがまだ効果的であるならば、それは使用できます。
3月9日以降、中国と韓国から日本に入国する職員は14日間指定された場所に滞在する必要がある。特定の拘留物や場所について、厚生労働省に直接相談してください。
ホットライン+ 81 - 3 - 3595 - 2176 (中国語対応)
開館時間:9時?21時(日本時間、土曜?日曜)

〔第8項)ビザ申請の資格を有する者
Q :海外留学?勤務資格証明書をもらって、大使館にビザ申請を提出しましたが、審査の結果を待っています。証明書の有効期間が3ヵ月以内に期限が切れるならば、証明書は再適用されなければなりませんか?
A:新しいコロナウイルス肺炎の下で、適格性証明書の有効性は有効なビザと有効性証明書のエントリーがない場合、3ヵ月から6ヵ月まで広げられます。登録資格証明書の交付の6ヶ月以内に、申請者は、証明書の記入を申請することができる。

[9 .長期的な研究の準備要員]
Q :この春日本で勉強している新入生にとっては、オープンのために元の時間に追いつかないといけないのですか?
A : 3月6日に、日本の理科省は、この春に日本に予定していた学生が予定通りに日本に行くことができなかった状況を考慮して、コースを選択するための補助コース、柔軟な措置(遅延など)を求めるように大学に通知を出しました。必要な対策について論じた。
各大学の具体的な対策については、大学の計画を検討してください。
月に日本に行く予定だった新しいコロナウイルス肺炎の学生は、新しいクラウン肺炎の発生によって遅れるか、秋の日本の奨学金期間中の支払い期間の変化に変わります。奨学金も柔軟に変更することがあります。